津田貴司 編著
フィールド・レコーディングの現場から

「フィールド・レコーディング」とは?
「ハリー・スミスは語る」「ソ連メロディヤ・ジャズ盤の宇宙」「東欧ジャズ・レコード旅のしおり」など独自の切り口で刊行を続けるカンパニー社からの最新作は「フィールド・レコーディング」に焦点を当てたサウンドアーティスト・津田貴司氏による編著作。「フィールド・レコーディング」とは?録音エンジニア、音楽家、研究家など7人との対話を通じてその現場を探索。それは正解を導き出すものではなく、フィールド・レコーディングに対して抱いていた概念を様々に広げる!我々の身近に存在する音への意識が変わるかもしれません。

BOOK/カンパニー社/日本盤
盤質/ジャケット NEW/NEW

B6判並製:256頁
発行日:2022年7月
本体価格:2,200円(+税)
ISBN:978-4-910065-08-3

▼目次
まえがき――フィールド・レコーディングの現場
なぜ録音するのか、なにを録音するのか
●井口寛との対話
01 ディスク・レビュー
音質が表象するもの
●高岡大祐との対話
02 ディスク・レビュー
聴くことの野性
●Amephoneとの対話
03 ディスク・レビュー
録音の中でしか行けない場所
●柳沢英輔との対話
04 ディスク・レビュー
なぜ、写真ではなく録音なのか
●笹島裕樹との対話
05 ディスク・レビュー
耳の枠の外部へ
●原田正夫との対話
06 ディスク・レビュー
聴こえない音にみみをすます
●福島恵一との対話
07 ディスク・レビュー
ここではないどこか、いまではないいつか
まとめ|フィールド・レコーディングの可能性 津田貴司×福島恵一
あとがき――録音できない音

編著者:津田貴司(つだ・たかし)
1971年「耳の日」生まれ。早稲田大学第一文学部、同大学院修士課程修了(舞踊学)。ソロ名義hofliのほか、stilllife、星形の庭など様々なユニットでフィールドレコーディングや即興性に基づいた音楽活動を展開。サウンド・インスタレーション制作、ワークショップ「みみをすます」シリーズを継続するほか、福島恵一とともにリスニングイベント「松籟夜話」ナビゲーターを務める。主な CD作品は『湿度計』『雑木林と流星群』『木漏れ日の消息』など。
型番 978-4-910065-08-3
販売価格 2,420円(税220円)
購入数


新着商品


T.REX
Futuristic Dragon (LP)

2,310円(税210円)


少年隊
君だけに (7inch)

1,100円(税100円)


SATO
ガラスの靴 (7inch)

1,650円(税150円)


IGUANA
The Winds Of Alamar (LP)

1,870円(税170円)


Top